金融機関として消費者金融を利用した結果

お金を借りる際に通常の銀行では様々な手続きが面倒なため、利息が高いけれど簡単に利用できる消費者金融を利用しましたが、金利が高く俺際に非常に時間がかかりました。

 

一般的に消費者金融を利用する人は小額の利用が多いと聞いていたのですが、自分の場合にはまとまったお金が必要であり、それも急いで必要であったため簡単に手続きができる面にひかれて利用してしまったのが誤りだったと思っています。

 

後で金融機関の人に相談したら、金融機関でも事情を鑑みて審査の上で問題がなければ早期に融資をしてくれる可能性は高く、またその場合には低い金利で融資をしてくれるので非常に返済が楽になると聞き、目先に囚われて消費者機関を利用したのは失敗だったと考えるようになりました。

 

もちろん返済できない額ではなく、途中で再度借り入れを行う際も簡単に借り入れができるのでその点は非常に便利だったのですが、利息の点を考慮しなかったのは考慮が足りなかったと考えます。

 

消費者金融は効果的に利用すれば非常に便利なものです。また限度額までなら何度も借り入れできることが多いのでいざと言う時に非常に便利なものですが、用途に応じて十分に比較して利用することが大切であると感じました。