専業主婦が銀行でお金を借りるのに便利な申込方法

ネットで申し込めた銀行の借入(男性/20代)

私が借金を利用するときはまずネットで情報をチェックしました。いろいろなサイトもサービスもあり区別するのが難しかったのですが、やはり一番信用できそうなすでに講座も開設している銀行のサービスを頼ることにしました。ネット上で銀行の借入サービスに申し込みができ、次に銀行に行くときに手続きついでにお金の入出金をすることもできました。

口座開設時にネットバンキングも登録していたので、本審査までネット上で申し込んで進んでいたようで、手続きなどはかなりお手軽で、申し込んでから気づいたときには利用できるようになっていました。カードローンやキャッシングを頼るときはネットバンキングが活用できれば返済がさらに便利になるので、お金の心配がある方や、自己管理が苦手な方は利用してみるとよいです。それぞれの銀行のアプリを持っている場合には、そのアプリから通知が届いたり、履歴を確認することができるので、金銭管理にもぴったりです。

申し込み方法はローン契約機を利用するという方法などもありますが、やはり人に見られることがないというのは安心できるポイントの一つでしょう。私の場合、自分のキャッシュカードだけでも借り入れも返済もできるので、負担は大幅に削減できました。今でも時々借入をしますが、口座からの自動引き落としや入金だけで借入から返済まで済ませられるようになって、かなり効率的にサービスを使いこなせていると思います。

もちろん把握していない借金や支払いがあるのは危険なので、自分で家計簿をつけてしっかり管理しています。少しでも安全に借金を利用して負担が軽減できれば、普段のお金では購入できないものも手に入れて生活をよくすることができます。

銀行のホームページからも申し込み

ネットで完結することもある

近年は銀行のサービスでもネット上で申し込みから借り入れまで済ませられる場合があります。特に既にキャッシュカードがあり、ネットバンキングに登録している場合には手続きもより簡単になる場合が多く、ネットから申し込みをしてみるのもよいです。人に見られる心配もあまりなく、24時間対応してもらえるので仕事終わりの夜中にでも利用できます。

また、ネット上からの申し込みなので、スマートフォンでもパソコンからでもでき、家族や恋人に見つかることなく利用できます。郵送書類もあまりなく、メールで通知が来るパターンも多いため、非常に便利です。ローンカードの受け渡しも郵送の場合と、直接銀行で受け取る場合の2種類選べることもあり、秘密を守るのにもかなり有利になっています。ネットサービスもしっかり検討してみるとよいです。

借入金額は低くなる可能性あり

ネットキャッシングは審査が少し甘くなる分、利用限度額は低めになっています。最高でも50万円までというサービスが銀行でも消費者金融でも多く、限度額が低いため場合によっては必要な資金が集まらないこともあるでしょう。少額融資で十分だという場合にのみ利用したほうが良いですが、特に若い人は金利や返済方式にも注意して利用しましょう。

少額融資でも危険な状態になってしまうことは多く、ネットキャッシングだからと言って絶対にばれないわけではありません。少しでも安全に借り入れを利用するには、ネットキャッシングも契約内容や返済内容などもチェックし、書面の契約書をしっかりプリントアウトすることも意識してください。

審査内容はあまり変わらない

審査されることはあまり変わらず、収入と信用がメインです。ネットキャッシングなどは、返済も電子化されている場合がありますが、入金や口座管理は自動ではないので自己管理を怠らないようにしましょう。

口座への入金をする場合や、指定の口座に振り込まなければいけない場合など、サービスによって返済の仕方も異なるので、事前にちぇくしておきましょう。直接銀行に行って返済できれば、自分自身でギリギリ行動できますが、口座間の取引は忘れていたり、営業日の確認を間違えたり、ネット環境の問題で遅れが生じたりすると支払いが遅れます。アナログな手法よりも危険な場合もあるので、十分注意しておきましょう。不安な場合には、早めに返済しきれるように繰り上げ返済も活用してください。